カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆


管理人: Pino☆

ひょんなことから銘菓評論家になりました当BLOG管理人のPino☆です。 とりあえず、Wikipediaにある全国銘菓の全制覇を目標に頑張りたいと思います。ただ、実は、甘いものは苦手なんですよね・(^^;

副管理人: とうすぽ

東スポとプロレスと温泉をこよなく愛す好青年。温泉まんじゅうは任せて下さい!!


★コメント、トラックバック大歓迎です!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

Total:   
Current: 


ジオターゲティング

月別アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誉の陣太鼓 (熊本市)

 今季から、「武者がえし」に代わり、J2ロアッソ熊本の胸スポンサーとなった「陣太鼓」。九州地方では、相当有名なお菓子だそうです。後輩のT君がくれたので、早速、味わってみました。

陣太鼓
陣太鼓2

 何と言いますか、”きんつば”と”水ようかん”の間みたいなお菓子です。おそらく、あんこ好きには、堪らないお菓子だと思いますが、僕的にはかなり苦しい一品でした。

 何せ、あんこが苦手ですから、完全にあんこ、あんこした、こういうお菓子は、なかなか美味しいと思えないのです。「きんつば」なんて、絶対に食べれません。

 しかし、「誉の陣太鼓」は、北海道産の最高級大納言あずきを使い、そのあずきの一粒一粒を丁寧に手作業で選別し、さらに水は、阿蘇の清らかな伏流水を使い、専門の餡職人が丁寧に丁寧に作り上げるという手の込んだ一品なのです。よく見てみると、銘菓というだけのことはあります。金色のフィルムもまた誇らしい感じ。熊本らしい男気のある?お菓子だと思います。(僕は武者がえしの方が好きですが、)熊本に行った際は、是非!

 製造元: 香梅
 お土産度評価: 6.0

 Text By Tono☆
スポンサーサイト

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ

武者がえし (熊本市)

 今日は酷い目に合いました。 先輩のSさんがイギリス出張土産にチョコレートをくれたのですが、これが何と!激マズ!!! お土産としては3点のレベルでした。 もう言葉にもしたくないのですが、「殺す気かっ!!(C)ダチョウ倶楽部」って感じです。

 というわけで口直し。こっちは熊本出身の後輩に貰ったのですが、ティータイムにピッタリ!という感じのとても品の良いお菓子でした。

 その名は”武者がえし”!! Jリーグファンの方なら、ご存知かもしれませんが、ロアッソ熊本のユニフォームスポンサーにもなっている有名な熊本銘菓です。

武者がえし

 凄く強そうな名前ですが、「武者がえし」とは、日本三名城の一つ、銀杏城(ぎんなんじょう)とも呼ばれる熊本城の城壁のことなのだそうです。始めは緩やかな勾配が上部に行くにしたがって垂直に近くなる形状の石垣が、武者をも寄せ付けないことから、その名がついたとか。ちなみに、この石垣を考えたのは、豊臣秀吉の家臣として有名な戦国武将の加藤清正なのだそうです。これは、そんな熊本城の有名な石垣にあやかって名付けられたお菓子なのだそうです。

 さて、味ですが、強そうな名前にも関わらず、凄く繊細で、優しい感じでした。
 パイ生地を見ると洋風に見えますが、中には、ほんのりと紫色がかった小豆さらし餡が入っています。これが絶妙の相性で、サクっとしたパイ生地の食感とほんのり甘いあんのアンサンブルが最高でした。これぞ、和洋折衷というのでしょう。名城の名に恥じない見事な銘菓でした。個人的には、日本茶よりも、紅茶が合う気がします。もし、食べる機会があったら、美味しいロイヤルミルクティーでも作ってみてはいかがでしょう?

 お土産としては、文句無しでしょう! 誰にでも喜んでもらえると思います。 自信を持ってお勧めできる熊本銘菓でした。
 
 製造元: お菓子の香梅
 お土産度評価: 7

 Text By Tono☆@管理人

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。