カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆


管理人: Pino☆

ひょんなことから銘菓評論家になりました当BLOG管理人のPino☆です。 とりあえず、Wikipediaにある全国銘菓の全制覇を目標に頑張りたいと思います。ただ、実は、甘いものは苦手なんですよね・(^^;

副管理人: とうすぽ

東スポとプロレスと温泉をこよなく愛す好青年。温泉まんじゅうは任せて下さい!!


★コメント、トラックバック大歓迎です!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

Total:   
Current: 


ジオターゲティング

月別アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からからせんべい (鶴岡市)

からから煎餅 山形県の銘菓は初めての登場ですね。今日紹介するのは、鶴岡市の「からからせんべい」です。

 「からからせんべい」は、江戸時代に、煎餅の中に小さな木彫りの大黒様を入れた大黒煎餅が起源とされています。その後、中に粘土で出来た小さなおもちゃを入れる様になら、振ると「からから」という音がすることから「からからせんべい」と呼ばれるようになったと言われています。今では、おもちゃが和紙にくるまれているので、振っても殆ど音はしませんが、食べると中から昔懐かしい手作りの玩具や民芸品が出てきます。次にどんなものが出てくるかワクワクするのが良いですね。

 袋の写真では、だるま落としやコマ、竹とんぼなど、凝った玩具があったのですが、今回中に入っていたのは、下の写真の通りで、イマイチ凝った玩具は無く、はずれだったのかな・・・ (^^;
 なぜか、玩具でも民芸品でも無いおみくじが入っていました(オマケに吉って、運が良いんだか、悪いんだか・・・)。

からから煎餅2

 さて、中に入っているオマケにひかれて、ついつい煎餅の方は忘れてしまいがちですが、お煎餅もなかなかの味でした。瓦煎餅の様な感じなのですが、沖縄産の良質の黒砂糖が使われていて、ほどよい甘さが後をひきます。とは言え、やっぱり主役はおもちゃだよなぁ・・・?

 話題に尽きないお菓子なので、職場などへのお土産に最適だと思います。山形に行った際は、ぜひ!

 製造元: 宇佐美煎餅店
 お土産度評価: 7.5
 
 Text By Tono☆
スポンサーサイト

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。