カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆


管理人: Pino☆

ひょんなことから銘菓評論家になりました当BLOG管理人のPino☆です。 とりあえず、Wikipediaにある全国銘菓の全制覇を目標に頑張りたいと思います。ただ、実は、甘いものは苦手なんですよね・(^^;

副管理人: とうすぽ

東スポとプロレスと温泉をこよなく愛す好青年。温泉まんじゅうは任せて下さい!!


★コメント、トラックバック大歓迎です!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

Total:   
Current: 


ジオターゲティング

月別アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十万石幔頭 (行田市)

 テレビ埼玉をご覧の皆様、お待たせしました。

 「風が語りかけます。 うまい! うますぎる!!」

でお馴染みの、埼玉銘菓「十万石まんじゅう」の登場です。

 「えっ!なに? 知らないって?」
  
 まあ、テレビ埼玉を見れない方は無理も無いですね。知るわけなくて当然です。というわけで、このフレーズを知らない方はこちらをどうぞ。 ⇒ テレビCM

十万石饅頭


 日本画に詳しい方は、上のパッケージの絵を見て、気づいたかもしれませんが、この「十万石幔頭」を命名したのは、かの世界的板画家、棟方志功画伯なのです。その経緯については割愛しますが、この饅頭を食べて、言った言葉が、冒頭の「うまい!行田名物にしておくには、うますぎる!」だったのだそうです。詳しくはこちらを ⇒ 棟方志功先生との出会い

 ところで、この饅頭、”饅”が”幔”の字になっているのをお気づきでしょうか? 何でも、日本全国にこの饅頭が広く知れ渡るようにとの願いを込めて、棟方志功がわざと”幔”の字にしたのだそうです。今では、十万石幔頭は、草加せんべいに次ぐ埼玉銘菓になっているので、その願いは、叶ったと言えるのかもしれませんね。

十万石饅頭2


 さて、肝心の中味ですが、凄く素朴な作りで、特別に凝った味はしません。正直、最初は「美味過ぎる!と言うほどのお菓子じゃねーや。フツーじゃん!」と思ったのですが、このお菓子が誕生した戦後間も無い時期を想像しながら、このお菓子がどんなに貴重な存在だったかを想像すると、不思議なものです。何か素朴な甘さが格別の味に思えてきます。棟方志功先生がこのお菓子に込めた思いが、味に刻まれているのかもしれませんね。深い歴史を感じるお菓子でした。

 余り日持ちはしないので、お土産にする場合は、時間を考えた方が良いと思います。ちなみに、日が経つほど、味も落ちてくるので、その点は注意した方が良いと思います。

 製造元: 十万石
 お土産度評価: 6.0

 Text By Tono☆


スポンサーサイト

テーマ : 和菓子 - ジャンル : グルメ

はにわさぶれ (行田市)

 Wikiの日本の銘菓にあったので、試しに買ってみた「埴輪サブレ」です。

 「はにわさぶれ」って、名前からして微妙な感じですが、現在の行田市がある北武蔵一帯は、古墳時代、埴輪の一大生産地だったのだそうです(全く知りませんでした)。これまで、私は、行田というと足袋くらいしか知りませんでしたが、調べてみると、行田市の市街地から南東へ約1kmには、「古墳群」があり、大型古墳が集中していることで全国的に有名なのだそうです。古墳公園なんていう公園もあるらしいです。意外と・・・、と言っては失礼ですが、古い歴史があるんですね。

埴輪サブレ

 「はにわさぶれ」は、埴輪の中でもとりわけ有名な「踊るはにわ」を象って作られています。味は、鎌倉銘菓の「鳩サブレ」にかなり似ています。正直、私の様な素人では、形くらいしか差は分かりませんでした。アーモンドの香ばしさと、噛んだ時の”サクっ”という歯応えが特徴のサブレです。

はにわさぶれ2

 製造元は、テレビ埼玉のCMでお馴染みの「十万石」さん。十万石饅頭については、また改めて書きます。今日はこの辺で。

 製造元: 十万石
 お土産度評価: 6.0

 Text By Tono☆

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ

甘藷羊羹 (川越市)

 小江戸と言えば、川越、栃木、佐原などが有名ですが、中でも、蔵の町と呼ばれる川越は、まるで時代劇を見ているかのような街並みが江戸の古き良き時代を想起させてくれる有名な城下町です。そして、川越で有名なものと言えば、芋菓子。もともと、江戸時代に川越は薩摩芋の産地として有名で、 そのうまさは「九里(栗)より(四里)うまい十三里半」といわれたそうです。 ちなみに、十三里半とは川越から江戸までの距離だとか。

 さて、今回食べたのは、川越の菓匠の中でも有名な道灌の甘藷(かんしょ:サツマイモのこと)羊羹(ちなみに、大正10年創業の道灌の由来は、武蔵川越城を築いた太田道灌である。)。これ、確かに美味しかったです。口で言うのはなかなか難しいのですが、甘藷の自然な甘さが程よく、とにかく嫌味がありません。1本まるごと・・・ とまではいきませんが、ついつい次の一切れに手が伸びてしまう十三里半の美味しさでした。自信を持ってお勧めします!

芋羊羹
芋羊羹2

 製造元: 川越菓舗 道灌
 お土産度評価: 8

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。