カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆


管理人: Pino☆

ひょんなことから銘菓評論家になりました当BLOG管理人のPino☆です。 とりあえず、Wikipediaにある全国銘菓の全制覇を目標に頑張りたいと思います。ただ、実は、甘いものは苦手なんですよね・(^^;

副管理人: とうすぽ

東スポとプロレスと温泉をこよなく愛す好青年。温泉まんじゅうは任せて下さい!!


★コメント、トラックバック大歓迎です!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

Total:   
Current: 


ジオターゲティング

月別アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からからせんべい (鶴岡市)

からから煎餅 山形県の銘菓は初めての登場ですね。今日紹介するのは、鶴岡市の「からからせんべい」です。

 「からからせんべい」は、江戸時代に、煎餅の中に小さな木彫りの大黒様を入れた大黒煎餅が起源とされています。その後、中に粘土で出来た小さなおもちゃを入れる様になら、振ると「からから」という音がすることから「からからせんべい」と呼ばれるようになったと言われています。今では、おもちゃが和紙にくるまれているので、振っても殆ど音はしませんが、食べると中から昔懐かしい手作りの玩具や民芸品が出てきます。次にどんなものが出てくるかワクワクするのが良いですね。

 袋の写真では、だるま落としやコマ、竹とんぼなど、凝った玩具があったのですが、今回中に入っていたのは、下の写真の通りで、イマイチ凝った玩具は無く、はずれだったのかな・・・ (^^;
 なぜか、玩具でも民芸品でも無いおみくじが入っていました(オマケに吉って、運が良いんだか、悪いんだか・・・)。

からから煎餅2

 さて、中に入っているオマケにひかれて、ついつい煎餅の方は忘れてしまいがちですが、お煎餅もなかなかの味でした。瓦煎餅の様な感じなのですが、沖縄産の良質の黒砂糖が使われていて、ほどよい甘さが後をひきます。とは言え、やっぱり主役はおもちゃだよなぁ・・・?

 話題に尽きないお菓子なので、職場などへのお土産に最適だと思います。山形に行った際は、ぜひ!

 製造元: 宇佐美煎餅店
 お土産度評価: 7.5
 
 Text By Tono☆
スポンサーサイト

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ

ピーナッツ・フロランタン (八街市)

ピーナッツ・フロランタン 今日紹介するのは、千葉県名産の花生をふんだんに使った「ピーナッツ・フロランタン」です。

 このお菓子と出会ったのは、実は意外な所でした。僕はJリーグの某チームを5年位応援していまして(いわゆるサポーターというやつです。ちなみに、スポナビ+で観戦記も書いています。)、ホームゲームはほぼ毎試合通い続けているのですが、ある試合で頂いたのがコレなのでした。何でも、千葉の名物を企画開発し、販売している会社”房の駅”さんからのプレゼントだったらしいです(”房の駅”さんはジェフの小口スポンサーなのです)。

 さて、すっかり話が逸れましたが、この「ピーナッツ・フロランタン」は千葉銘菓というだけでなく、2006年の世界食品コンクール(いわゆるモンドセレクションというやつです)で、金賞を受賞した栄えある一品。船の様な形をしたウエハースの中に、キャラメルソースと一緒にギッシリと香ばしいピーナッツが詰め込まれた甘い洋風のお菓子です。

 他にもこれに似たお菓子は多々ありますが、モンド・セレクション金賞というだけあって、「ピーナッツ・フロランタン」は、ウエハースのサクサク感、ピーナッツの香ばしさ、キャラメルの甘さの三位一体が見事でした。

 味は洋風なので、これに合わせるなら、日本茶より、紅茶かコーヒーがお勧めです。もし、とびきり美味しい紅茶があれば、3時のティータイムで、会話が弾むこと間違い無しだと思います。是非お試しあれ!

 お土産としても、悪くないと思います。ただ、筒型のケースは意外に嵩張るのが難点ですね。(^^;

ピーナッツ・フロランタン2

 製造元: 大塚商店
 お土産度評価: 7

 Text By Tono☆

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ

長生殿 (金沢市)

 久しぶりの更新です。随分長いこと更新しませんでしたが、調子を崩したとか、そんなんじゃありませんので、ご心配無く。ただ、寒い日が続いているので、皆さんも体には気をつけて下さいね。

 さて、今日紹介するのは、長岡の「越の雪」に続く、日本三大銘菓、金沢の「長生殿」です。日本三大銘菓と聞いただけで、期待感が高まりますが、見ての通り、パッケージも荘厳な感じで、見るからに高級そうな雰囲気です。

長生殿

 蓋を開けると、そこには薄い紅色と茶色の四角い塊が交互に6つ入っていました。銘菓通の方なら、すぐに気づいたと思いますが、そう、「長生殿」は「越の雪」と同じく和三盆を固めた落雁でした。

長生殿2

 「長生殿」は、加賀藩三代藩主の前田利常公の創意と小堀遠州卿の命名により生まれ、300年以上の長きに渡り、その製法を守り続けている加賀伝統の茶菓なのだそうです。表面には、小堀遠州卿直筆の「長生殿」が描かれ、阿波の和三盆糖、北陸の餅米からなる精粉、山形産の本紅と、どれも厳選された高級材料で作られており、その名に恥じない高級感があります。

長生殿3

 味はというと、安い落雁にある後味の悪さは無く、上品な甘みで抹茶に合う感じがしました。ただ、見ての通り、堅く固められているので、ふわっと溶けていく感じはそんなにありません。食感は、以前食べた「越の雪」の方が数段上の気がします。

 お土産としては、どうでしょうかね? 茶道をやられている通には良いと思いますが、万人に受ける感じはしませんでした。基本的に、和三盆の塊ですから、味はシンプル極まりないです。あくまで、抹茶と合わせるお菓子と考えるべきでしょう。
 
 製造元: 森八
 お土産度評価: 6+

 Text By Tono☆

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ

誉の陣太鼓 (熊本市)

 今季から、「武者がえし」に代わり、J2ロアッソ熊本の胸スポンサーとなった「陣太鼓」。九州地方では、相当有名なお菓子だそうです。後輩のT君がくれたので、早速、味わってみました。

陣太鼓
陣太鼓2

 何と言いますか、”きんつば”と”水ようかん”の間みたいなお菓子です。おそらく、あんこ好きには、堪らないお菓子だと思いますが、僕的にはかなり苦しい一品でした。

 何せ、あんこが苦手ですから、完全にあんこ、あんこした、こういうお菓子は、なかなか美味しいと思えないのです。「きんつば」なんて、絶対に食べれません。

 しかし、「誉の陣太鼓」は、北海道産の最高級大納言あずきを使い、そのあずきの一粒一粒を丁寧に手作業で選別し、さらに水は、阿蘇の清らかな伏流水を使い、専門の餡職人が丁寧に丁寧に作り上げるという手の込んだ一品なのです。よく見てみると、銘菓というだけのことはあります。金色のフィルムもまた誇らしい感じ。熊本らしい男気のある?お菓子だと思います。(僕は武者がえしの方が好きですが、)熊本に行った際は、是非!

 製造元: 香梅
 お土産度評価: 6.0

 Text By Tono☆

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。