カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆


管理人: Pino☆

ひょんなことから銘菓評論家になりました当BLOG管理人のPino☆です。 とりあえず、Wikipediaにある全国銘菓の全制覇を目標に頑張りたいと思います。ただ、実は、甘いものは苦手なんですよね・(^^;

副管理人: とうすぽ

東スポとプロレスと温泉をこよなく愛す好青年。温泉まんじゅうは任せて下さい!!


★コメント、トラックバック大歓迎です!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

Total:   
Current: 


ジオターゲティング

月別アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありあけのハーバー (横浜市)

 「横濱のお菓子といえば?」 ⇒ 「ありあけのハーバー。」

ありあけのハーバー

ということになっているんだそうです。実は、そんなCMがあるんですね。↓

15秒バージョン

 僕は全く知りませんでしたが、何でも、ローカル局のTVKだけでなく、日本テレビやTBSでも放映されているとか。見たことある方いますか?(ちなみに僕は神奈川県出身なので、TVKも良く見ていたのですが、全く記憶にありません。) まあ、とりあえず、その位有名なお菓子ということです(どの位だ?)。

ありあけのハーバー2

 さて、実際の中身ですが、薄いカステラ生地の中に栗餡がたっぷり入った和洋折衷のお菓子で、餡の中には粒状の栗が入っています。見た目は、以前紹介した宇都宮銘菓のチャットにも見ていますが、味はこちらの方が和風で、どちらかといえば栗まんじゅうに近い感じでした。

 和洋折衷な感じが港町横浜らしいと言えば、そんな気もしますが、思ったほど洋風テイストは無いので、日本茶の方が合うお菓子かもしれません。お土産としては、非常に無難です。凄く喜ばれることは無い気がしますが、万人受けする味なので、どこに持っていっても大丈夫だと思います。

 製造元: 株式会社ありあけ
 お土産度評価: 6.0

 Text By Tono☆


スポンサーサイト

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ

雷おこし (台東区浅草)

 雷門ネタで、もう1件。これまた、有名なお菓子ですが、浅草銘菓「雷おこし」です。

雷おこし

 雷おこしは、餅米を一度蒸かし、その後煎って膨らませたものに水飴、砂糖、落花生などを混ぜて固めた和菓子です。名前の由来は、「雷門」と「家を起こす」「名を起こす」をかけて名付けられたとされ、江戸時代後期に、浅草雷門近くの露天商が縁起物として売り始めたのが発祥と言われています。今では、言わずと知れた浅草名物の定番土産物になっています。

 今回買ったのは、色々なおこしが入っている400gの詰め合わせで、1000円でした。中には、白糖、黒糖、赤、青、黄色、ミルク色、そして、3色の「お宝おこし」が入っていました(どこがお宝かは買ってみて下さい)。味は、色によって違いますが、やはり、さくさくとした食感を楽しむお菓子ですね。大阪には、これと似た様なお菓子に、「岩おこし粟おこし」というのがありますが、あちらは生姜の味がピリっと効いているという特徴があり、好みが分かれますが、こちらの味はもっと素直です。基本的に、老若男女誰でも好まれる味だと思います。

 浅草土産としては、人形焼きより、ずっと日持ちもしますし、こちらの方がお勧めですね。
 
 製造元: 浅草 雷門堂
 お土産度評価: 6.5

 Text By Tono☆

テーマ : 和菓子 - ジャンル : グルメ

人形焼 (台東区浅草)

 あけましておめでとうございます・・・

 8月にもなって、言う言葉では全然ないですが、8ヶ月遡って、正月に浅草寺に初詣に行ったついでに買った銘菓について、書こうと思います。ホント今さらですが・・・ 

雷門

人形焼き さて、今日紹介するのは、超有名な東京銘菓の1つ、「人形焼」です。購入したのは、雷門のすぐ近く、仲見世通りに入ってすぐのお店で買いました。焼きたてを袋に入れてくれたので、その時に食べれば、もっと美味しかったのかもしれませんが、後日、会社に持っていって食べたので、焼きたての美味しさは味わえませんでした。

 人形焼は、人形を象ったカステラ生地の中にあんこが入った和菓子で、形以外は特別な特徴はありません。味的にも、広島銘菓の「もみじ饅頭」と差異が分からない感じで、率直に言って、型さえあれば、どこでも作れるような代物の気がしました。もっと言えば、屋台の「タイヤキ」と似た様なものだと思います。

 残念ながら、中身を写真に撮るのを忘れてしまいましたが、中に入っていた人形焼は、浅草名物の雷門に五重塔、文楽人形に加えて、七福神などが入っていました。

 人形焼きも日持ちはしないそうなので、お土産にするには、微妙な感じです。個人的には、その場で焼きたてを食べることをお勧めします。
 
 製造元: 木村屋本店
 お土産度評価: 5.0

 Text By Tono☆

テーマ : 和菓子 - ジャンル : グルメ

幸福の黄色いブッセ (石川郡石川町)

 またしても、福島県のお菓子です。なぜか福島率高いですね。

 さて、今日紹介するのは、「幸福の黄色いブッセ」です。その昔、高倉健主演の『幸福の黄色いハンカチ』なんていう映画が作られ、大ヒットしたそうですが、それに肖ってかどうかは分かりませんが、幸福を運んでくる様な可愛らしいパッケージのお菓子です。

ブッセ

 ちなみに、”ブッセ”とは、フランス語で木の株とか薪のことだそうです。モノのない時代には、寒い冬場の燃料としておおきな薪にリボンを巻いてプレゼントしたそうで、「幸福の黄色いハンカチ」以外にも、ネーミングのヒントとなったみたいです。

 見た目は、ナボナにそっくりですが、食感はそんな感じです。ふわふわの生地の中に牛乳をたっぷり使った甘いクリームが入っています。所々に、粒状のチーズが混ぜられているのが、ナボナと違う点ですが、このチーズが甘さの中の良いアクセントになっていて、なかなかのアンサンブルでした。

ブッセ2

 日持ちしないのが、お土産としては残念なところですが、それだけ新鮮な材料をそのまま使っているという証拠では無いでしょうか。味的には、自信を持ってお勧めします。
 
 製造元: お菓子のさかい
 お土産度評価: 7.5

 Text By Tono☆

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ

はにわさぶれ (行田市)

 Wikiの日本の銘菓にあったので、試しに買ってみた「埴輪サブレ」です。

 「はにわさぶれ」って、名前からして微妙な感じですが、現在の行田市がある北武蔵一帯は、古墳時代、埴輪の一大生産地だったのだそうです(全く知りませんでした)。これまで、私は、行田というと足袋くらいしか知りませんでしたが、調べてみると、行田市の市街地から南東へ約1kmには、「古墳群」があり、大型古墳が集中していることで全国的に有名なのだそうです。古墳公園なんていう公園もあるらしいです。意外と・・・、と言っては失礼ですが、古い歴史があるんですね。

埴輪サブレ

 「はにわさぶれ」は、埴輪の中でもとりわけ有名な「踊るはにわ」を象って作られています。味は、鎌倉銘菓の「鳩サブレ」にかなり似ています。正直、私の様な素人では、形くらいしか差は分かりませんでした。アーモンドの香ばしさと、噛んだ時の”サクっ”という歯応えが特徴のサブレです。

はにわさぶれ2

 製造元は、テレビ埼玉のCMでお馴染みの「十万石」さん。十万石饅頭については、また改めて書きます。今日はこの辺で。

 製造元: 十万石
 お土産度評価: 6.0

 Text By Tono☆

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ

檸檬 (郡山市)

 「レモン」ではありません。「れも」と読むそうです。

remo1

 味は見た目通り、うっすらとレモンの香りがするベイクドチーズケーキみたいな感じです。一見、固く焼かれている様に見えますが、実際はしっとりとしていて、そんじょそこらの喫茶店のチーズケーキより全然美味しかったです。勝手な印象ですが、女の子が好きそうな味でした。

 これと合わせるなら、やっぱり紅茶でしょうね。美味しい紅茶があれば、相乗効果で楽しめると思います。

檸檬2

 製造元は、薄皮饅頭で有名な柏屋さん。意外や意外、和風のお菓子ばかりかと思いきや、こういう洋風のお菓子も作っているんですね。どことなく和風な感じが檸檬にするのは、その影響なのかもしれません。福島に訪れた際は是非!お勧めします!!

 製造元: 柏屋
 お土産度評価: 6.5

 Text By Tono☆


| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。