カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆


管理人: Pino☆

ひょんなことから銘菓評論家になりました当BLOG管理人のPino☆です。 とりあえず、Wikipediaにある全国銘菓の全制覇を目標に頑張りたいと思います。ただ、実は、甘いものは苦手なんですよね・(^^;

副管理人: とうすぽ

東スポとプロレスと温泉をこよなく愛す好青年。温泉まんじゅうは任せて下さい!!


★コメント、トラックバック大歓迎です!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

Total:   
Current: 


ジオターゲティング

月別アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水戸の梅 (水戸市)

水戸の梅 1  久しぶりの更新になります。

 今回は、歴史的な景勝地、偕楽園のある水戸に行ってきましたので、ご当地銘菓3連発といきたいと思います。まずは、その第一弾で、”水戸の梅”を紹介します。

 ご存知の様に、水戸の偕楽園は日本三大名園の1つですが、実は、ここは梅の名所としても有名なのです。そのため、水戸の銘菓には、梅を使ったものが非常に多いみたいです。

 ”水戸の梅”も、まさしく梅を使った和菓子で、下の写真の様に、白餡を求肥で包み、さらにその外側に甘酢に漬け込んだ赤紫蘇が巻いてあるという手の込んだ一品です。大量に売られていましたが、作るのは結構大変なのではないでしょうか?

 さて、味ですが、物凄く紫蘇の風味が強いので、人によって好みが分かれるとは思いますが、白餡の甘さと赤紫蘇の微妙な酸っぱさが上手くマッチしていて、さわやかな印象を与えてくれます。お茶請けに最適で、もし、梅好き、紫蘇好きだったら、たまらないお菓子だと思います。

水戸の梅 2

  
 世の中には、紫蘇や梅が嫌いという人は結構多いので、お土産にする場合は、一度聞いてからにした方が良いでしょう。それほど、日持ちはしないので、開封後はお早めに。
 
 製造元: あさ川
 お土産度評価: 6.0

 Text By Pino☆
スポンサーサイト

テーマ : 和菓子 - ジャンル : グルメ

<< のし梅 (水戸市) | ホーム | 十万石幔頭 (行田市) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。