カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Pino☆

Author:Pino☆


管理人: Pino☆

ひょんなことから銘菓評論家になりました当BLOG管理人のPino☆です。 とりあえず、Wikipediaにある全国銘菓の全制覇を目標に頑張りたいと思います。ただ、実は、甘いものは苦手なんですよね・(^^;

副管理人: とうすぽ

東スポとプロレスと温泉をこよなく愛す好青年。温泉まんじゅうは任せて下さい!!


★コメント、トラックバック大歓迎です!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

Total:   
Current: 


ジオターゲティング

月別アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のし梅 (水戸市)

 続いて、第2弾! ”のし梅”を紹介します。

のし梅2

 またしても、その名の通り、梅を使ったお菓子ですが、”水戸の梅”とはまた違った印象のお菓子です。

 これも古くから伝わる銘菓なのだそうですが、簡単に言うと、梅ゼリーの様なものです。水戸市以外にも、山形市、神奈川県小田原市、静岡県熱海市などでも、名物とされているそうですが、最も古いのは山形市佐藤屋のもので、文政年間(1818~30)に、初代佐藤松兵衛が熟した梅の実をすりつぶして裏漉しし、砂糖、寒天を混ぜて固めたお菓子を作り、梅かんと銘打って売り出したのが最初とされているそうです。当時は、黒糖を使っていたことから、色が黒く、だれも梅かんとはいわず、黒膏薬といって買いにきたそうです。薬の一種と思われていたのかもしれませんね。

 味は予想通りというか、梅ゼリーそのものですね。ただ、全て自然の材料を使っており、合成甘味料等は一切使っていないので、フレッシュでさわやかな印象です。僕が好きなお菓子に、秋田名物の”さなづら”がありますが、あれの梅味版という感じもします。

 
のし梅3

 インパクトは薄いですが、梅が嫌いな人でなければ、老若男女誰にでも好まれるお菓子だと思います。お土産としては、無難な感じです。いずれ、他の地方のものも食べ比べしてみたいですね。
 
 製造元: あさ川
 お土産度評価: 6.0+

 Text By Pino☆
スポンサーサイト

テーマ : 和菓子 - ジャンル : グルメ

<< 吉原殿中 (水戸市) | ホーム | 水戸の梅 (水戸市) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。